タイルに魅了されて

今回は多忙のため、記事の内容を変更します。

一昨日から始まった某タイルメーカー様の撮影が始まり、アシスタントとして、参加させていただきました。

残念ながら素敵な商品は見せられないので、少しでもタイルの魅力を知って頂きたく大雨の中傘を忘れびちょぬれになりながらお送りします。

a0226127_23322912.jpg


1.タイルの由来
2.こんな所にもタイルが!?
3.最高峰の目地仕上げ

この三点について、ザキミヤの偏見を含め書きました!

1.タイルの由来

元々はラテン語でテグラ(物を覆う物としての意味)
それが時を経てタイルに変化し、今に至ります。
因みに広辞苑には「壁または床にはる小片状の薄板」
となっており、広い意味では、小片状の薄板だったら材質に指定が無いので、極端な話砂利を拾ってきてくっつけてもタイルです。

2.こんな所にもタイルが!?

みんなの夢を乗せて宇宙に飛んでゆくスペースシャトルにもタイルが使われています。
そのタイルはなんと大気圏突入時に発生する1600℃以上の温度に耐えられるみたいです。
さらに凄いところがありまして、そのタイルを1200℃まで熱して真っ赤っかになったタイルは何と手で持ててしまうほどらしいです。

3.最高峰の目地仕上げ

東京駅のレンガの目地仕上げが覆輪目地という一度途絶えたと言われている技術が使われているのはご存じでしょうか?
この仕上げはタイルにも使われています。
覆輪目地にすることによってレンガのエッジ部分をはっきり出すことができることと、建築物全体に柔らかさを与える効果があるそうです。

a0226127_01141523.jpg
仕上げは小金井さんで!

で、下のホームページを見て

それからで良いので

さらにその下のいいね‼️

クリックお願いします。

v(^_-)-☆




NEWホームページ!!






↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




いいね‼️




LINEスタンプ始めました

クリッククリック!





特製LINEスタンプ!!




Facebookも始めてます





↓↓↓↓↓↓↓↓↓



FACEBOOK




Commented by 双葉會副会長 at 2018-07-26 07:55 x
続きはインスタで!
by shaktiofficial | 2018-07-25 23:54 | Comments(1)